« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

大切なもの

本当に大切なものって何だろう?

私だって分からない

大切なもの

もしかしたら

もう

失くしてしまったのかもしれない

それでも

大切なものを探し続けるって決めたんだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

07 7/28

あ~ヒマだぁー!!!

あ、どうも。管理人です!(知ってる。)

ヒマなんですよ。これが。

部活もないからなぁ~。あー部活したい。曲の練習したい。

部活してた頃は毎日が充実してたんだろうな~って今は思うんですよ。今さらですけどね。

もう、出来ないって思うとやっぱり寂しいです。

楽器は私の相棒でしたから((笑

合奏をする時の微かな緊張とか、悔しい思いをした時とか、すごく懐かしいです。まだ数日しか経ってないのに。。。

やっぱり好きだったんです。はい。

それでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我慢

寂しい時は泣いていいんだよ?

我慢しないで

泣いていいから

僕は君の味方だよ?

ずっとこれから先も

変わらないから

我慢しないで

僕がきちんと受け止めるから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

07 7/26

昨日はコンクールがありました!結果は・・・まぁ予想通りでした・・・。

昨日で私は部活を引退。長いようであっという間でした。

嫌な時もあったけど、何だかんだ言って私は部活が好きだったんだな、と今日本当の最後の部活に行って思いました。

嫌いだったけど、それでも私にとって大事な場所だったんです。

皆ありがとう。(見てないけど。)

楽器さんもお疲れ様。

これからも頑張って欲しいな・・・。

それでは!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

07 7/24

どうも!また放置状態になってました・・・!ホントすみません。どうぞ殴ってください!!

何時の間にか夏休みになっちゃって!時を感じちゃうな~。((遠い目))

明日はコンクールがあるんです!頑張ってきちゃいます♪

それでは!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリジナル小説第五回目☆

「・・・何なの?」

透けている体を見ても、怖くなかった。

むしろ、どこか自分に似ていると思ってしまった。

「ねぇ・・・?」

『私はアヤメ。それしか覚えていない。』

「・・・いつから此処に?」

『ずっと前から。少なくともあなたが来る前から。』

「えっ・・・。」

嘘だろ?だって、ずっと一人だった。

どうなってるんだ?

『あなたに私が見えなかっただけ。今までは。』

「・・・今までは?」

『そう。私が見えるようになったの。・・・少なくとも私はずっと望んでいた。あなたが私を見てくれることを。』

どうなってるんだよ。意味わかんねぇ。

『ずっとあなたを見ていた。そのすさんだ瞳も心もね。』

「・・・なっ・・!」

オレに向かってふわりと微笑んだ彼女ーアヤメは、楽しそうだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一人

一人は

辛くて

寂しくて

怖い

でも

一人の方が楽だって思ってしまう

自分が傷つかなくてすむから

自分に嘘をつかなくてすむから

結局は自分の我が儘

知っている

分かっている

一人じゃないってことも

気づいてる

ただ

それを認めないだけ

素直じゃないね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

07 7/8

どうも。更新スピードが亀並みのダメダメ管理人です。。。

昨日は七夕でしたね~。忘れてましたよ。

昨日は眠くて眠くて死にそうでした。(死にはしない!)

こうしている今も眠い。ちゃんと寝てるのにな。あはは。

それでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

07 7/3

お久しぶりですー!!

長かったテストも終わり気分は上昇中な管理人っスー!!

いや~やっと更新できましたよ~。

嬉しい限りです。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

過去

過去に戻りたいと

何度も願った

過去の自分に

戻りたかった

それでも

戻れることは無く

ただ

前へ進むだけ

失ったものを

新たに手に入れたものを

腕の中に抱えながら

今日も進むだけ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »